院長からのご挨拶
皆さん、こんにちは。
玉川学園 土屋クリニック院長の、土屋 慎一です。

私は大学を卒業してからずっと、大学病院・総合病院で働いてまいり
ました。大きい病院における医療の仕事は、無数の患者さんと接触
するだけでなく、最先端の医療技術に関われるというたいへん恵ま
れたものでした。

しかしその反面、多くの患者さんを短い時間内に診察しなければなら
ず、人間対人間という、心のこもった形で患者さんに対応できないの
が、いつも心苦しいところでありました。

そういう内に、地域で医院を開業してみたらどうかという声があがり、
それに呼応して、まだ世間慣れしていない自分ではありますが、
地元の医療・衛生向上に身を捧げる決心をしたゆえんでございます。

設備の制限上、大病院のような最先端医療を行う事はできませんが、
患者さん 1 人 1 人に時間をかけて接する事により、病院では実現で
きないきめ細かい医療サービスを提供してまいります。

また、地域に根ざした医療では、患者さんと医者が共に協力し合って、
患者さん本位の質の高い医療を作り上げていくというのが、私の考え
るところです。

そういうわけですので、どんな些細の事でも当院へご相談にいらして
下さい。

最後に、皆様の健康と発展をお祈りいたします。
経歴
平成 5 年慶應義塾大学医学部卒業
慶應義塾大学病院勤務
平成 6 年平塚市立病院勤務
平成 7 年浦和市立病院勤務
平成 8 年 - 平成 12 年慶應義塾大学病院勤務
平成 12 年 - 平成 16 年大和市立病院勤務
平成 16 年玉川学園 土屋クリニック開業